看護部のご紹介

看護部のご紹介
看護部

大生病院は、慢性期医療を主軸とした医療機関です。地域社会づくりにも貢献しています。
優しさを持って、質の高い充実した医療・看護・介護を提供いたします。看護部は常に「誰のために」「何のために」を熟慮し、患者様を支え続けていきます。

医療連携機関

認知症ケア専門士 大生病院 1名/あさひ病院7名
認知症認定看護師 大生病院 1名/あさひ病院7名

看護部長紹介
大生病院看護部長

 私の大生病院での勤務歴は30数年になりました。労働環境が整えられ、ワーク・ライフ・バランスの支援があったからこそ、長く働き続けてこられたのだと思います。もちろん、辛いことも多くありましたが、「看護師を選んでよかった。看護師の仕事ってすばらしい。」と思っています。「人の役に立つ」だけでなく「自分の成長」のために。
 平成18年に看護部長に就任しましたが、めまぐるしく変化する時代の中にあっても、看護だけでなく介護・リハビリ等コメディカルスタッフにも才能とやる気のある後進が続々と育ちつつあります。多職種が連携し、より地域に根差した病院、より地域に求められる病院に発展していく今後が楽しみです。

あさひ病院看護部長

あさひ病院看護部長

あさひ病院は認知症疾患医療センターとして、認知症に特化した病院となっています。認知症の患者さまはこれからますます増えるとされています。私たちは認知症の医療センターとしての役割を果たし、地域の皆さまから求められるよう、他職種の方たちと共に協働し、より良い医療を目指していきたいと思います。看護・介護部の理念は、「その人らしさを大切にして、生活・尊厳・命を守ります」です。

私はこの病院に3月に入職しまだ間もないのですが、病院職員の方の優しさに触れ暖かいぬくもりを感じました。

認知症の患者さまにとってこのぬくもりはとても大切なものであろうと思います。このぬくもりを絶やさぬように、そして看護・介護部の理念にあります“その人らしさ” “命”を尊重し患者さまやご家族の方と関わり、愉しく仕事のできる環境づくりを行っていきたいと思います。

認知症に特化した病院だからこそ、認知症看護・介護のスペシャリストとなり、その過程を愉しみながら仕事をすることでやりがいに繋がってゆくと思うのです。
認知症看護・介護にご興味のある方、ぜひご一緒に働いてみませんか?患者さまにとってゆったりとした時間の流れるなか、認知症と向き合い、学び、その人らしさを尊重し看護・介護に取り組みましょう。

あさひ病院看護部長

あさひ病院看護部長

あさひ病院は認知症疾患医療センターとして、認知症に特化した病院となっています。認知症の患者さまはこれからますます増えるとされています。私たちは認知症の医療センターとしての役割を果たし、地域の皆さまから求められるよう、他職種の方たちと共に協働し、より良い医療を目指していきたいと思います。看護・介護部の理念は、「その人らしさを大切にして、生活・尊厳・命を守ります」です。

私はこの病院に3月に入職しまだ間もないのですが、病院職員の方の優しさに触れ暖かいぬくもりを感じました。

認知症の患者さまにとってこのぬくもりはとても大切なものであろうと思います。このぬくもりを絶やさぬように、そして看護・介護部の理念にあります“その人らしさ” “命”を尊重し患者さまやご家族の方と関わり、愉しく仕事のできる環境づくりを行っていきたいと思います。

認知症に特化した病院だからこそ、認知症看護・介護のスペシャリストとなり、その過程を愉しみながら仕事をすることでやりがいに繋がってゆくと思うのです。
認知症看護・介護にご興味のある方、ぜひご一緒に働いてみませんか?患者さまにとってゆったりとした時間の流れるなか、認知症と向き合い、学び、その人らしさを尊重し看護・介護に取り組みましょう。

スタッフ紹介
大生病院勤務
大生病院勤務

回復リハビリ病棟に勤務している、卒後3年の看護師です!それぞれの患者様のADL向上を目標にし日々興奮中です。ある時は、患者様の手となり足となり・・・。

ある時は、患者様を回復に向け導けるよう助言をしたり・・・。日々刻々と身体能力が向上していく患者様達への看護に・・・醍醐味を感じています。

経験豊富な先輩方からは、たくさんの学びを得られます。そして新卒・新入職の方には、現場スタッフが一丸となり親切丁寧できめ細やかな指導を心がけています。スタッフ1人1人が・・・それぞりの持ち味を生かし、チームの一員として力を発揮できる現場です。
ぜひ、尚寿会のなでしこJAPAN(笑)の一員に・・・なりませんか?

あさひ病院勤務
あさひ病院勤務

卒後3年でまだ子供も小さく、託児所があり、通勤の便も良いという事から入職を決めました。

入職をして3週間経った頃、仕事中に保育園から子供の具合が悪いと連絡がありました。入職して日が浅かったので、帰るのを躊躇っていると科長に「そういうことなら、遠慮なく帰りなさいと言ったでしょう!」と叱られました。「子育ての大変さはお互い様だから気にしないで」という言葉が本当に有り難かったです。

元々外科志望だった私。初めての老年科勤務に驚きと戸惑いを覚えたのを思い出します。でも今は、他院では抑制を余儀なくされていた患者様が当院に入院すると、抑制せずに日常生活を送れるようになる事が自信であり、誇りです。積極的な治療が少ない反面、看護・介護の腕の見せ所が満載の病院です。

介護老人施設愛勤務
介護老人施設愛勤務

老健の看護師は、結構忙しくかなり責任が重いです。しかしその中での醍醐味は、看護の基本から応用まで幅広い看護ができること・看護判断が重視されること・そして何より入所者様に寄り添った看護ができることです。

老健は、様々な疾患や障害を持って利用される方が多いので、看護師として他部署との連携を取りながら健康維持管理や異常の早期発見に努めています。

楽しみのある安心した生活を送っていただけるよう、各ユニットごとに家庭的な雰囲気作りを行い、入所者様・ご家族様との信頼関係を大切にしています。
老健での看護は、慢性期の健康管理が主な業務ですので、病院とは違い患者としてではなく、対人間としてゆっくり接することができます。
休みも多くプライベートも充実し子育てと仕事を両立しやすい職場です。

看護部理念と重点課題

看護部理念

信頼される看護・介護の提供

重点課題

  • 基本的なマナーの遵守
  • 働きやすい職場環境をつくる労務管理
  • 他部署・他部門との連携
  • 部署ごとの勉強会・研究への取り組み強化
  • 無駄のない物品管理と生産的な業務改善
top
top